こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただくのは、高知県の山あいの墓地から神戸の石屋墓園へのお墓の移設工事の様子です。

 

※移設前の作業の様子は下記の記事で詳しくご紹介しています。
>>高知県の山あいの共同墓地で墓地の改修工事を行いました。墓石の一部は神戸へお引越しです。

移設前の墓地の様子です。

 

こちらの墓石と霊標を神戸まで運び、据え直しを行います。地上納骨式・9寸高知型の神道墓です。

 

解体した墓石はいったん弊社の淡路本社の工場に搬入し、クリーニングを行ったうえで移設先の神戸へ運びました。

 

最初はまだ移設先の霊園も決まっておらず、「高知からお墓を移設したいけれど、どこか良い場所がないだろうか・・・」と問合せをいただいたのがきっかけでした。「思い入れのある墓石なので、できれば新規建立ではなく高知から墓石を移設したい」というご希望でした。別の石材店では墓石の持ち込みは断られて一度は諦めかけたそうですが、弊社にご相談いただきました。石屋墓園を紹介させていただき、移設工事をさせていただくことになりました。

 

さて、これから神戸の石屋墓園で墓石の設置工事を行います。

納骨室内の様子です。淡路島産の天然の砂を敷いています。

 

外柵は墓所に合わせて新設しました。淡路の工場でクリーニングして綺麗になった墓石を組み立てていきます。石の種類ははっきり分かりませんが、青味を帯びた御影石です。

 

地上型の納骨室部分を設置しました。霊標の手前の広い部分は、物置スペースやベンチとしてお使いいただけます。上り口は雑草が生えないように、コンクリート製の板を貼り、上から淡路島産の天然の砂に樹脂ボンドを混ぜて敷き詰めていきます。

 

お墓の移設が完了しました。

 

2組の花立のうち1組は撤去し、移設前のローソク立てに防風扉を付けて芝台の上に設置しました。竿石の文字や家紋にも色を入れ直しました。

 

霊標の足の部分は、新しい外柵に収まるように元の石を加工して再利用しています。石もクリーニングし文字の色も入れ直して、すっきりと綺麗になりました。

 

お引越しが完了したお墓をご覧になってのお客様の感想はまだお伺いしておりませんが、親御さんが建てられた思い入れのある大切なお墓でしたので、お近くに移すことができて喜んでおられるのではないかと思います。
この度はご用命いただきありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※移設前の作業の様子は下記の記事で詳しくご紹介しています。
>>高知県の山あいの共同墓地で墓地の改修工事を行いました。墓石の一部は神戸へお引越しです。