こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸の石屋墓園での建立事例です。

こちらが完成したオリジナルデザインの洋型墓石で、万成石を使用しています。岡山県産の万成石(まんなりいし)は気品ある美しい淡紅色の花崗岩で、硬くて変色しにくい特長を持った人気の石材です。巻石、納骨室部分は中国産の白御影石を使用しています。

ご依頼くださったのは、60代後半のご夫婦で寿陵墓(生前に建てられるお墓)です。インターネットを通じてお問い合わせをいただいたのがきっかけで、建てさせていただくことになりました。
霊園の周囲のお墓をご覧いただいて、お客様の好みの色合いや形をお伺いしてご要望を伺いながら、デザインや使用する石をご一緒に検討していきました。当初から洋型墓石を考えておられ、明るく温かみのある色合いの石がご希望ということで、万成石で建てることになりました。

 

これから施工工事に入ります。外柵の工事中です。石の継ぎ目の部分は年月の経過と共にズレが生じないように、ステンレス製のL字型金具でしっかりと固定します。

 

納骨室が出来上がりました。

 

納骨室の中には池尻石材工業特製の「淡路島産の天然の砂」を入れています。

 

これから台石、竿石を組み立てていきますが、その前に石の底面にセラミックのコーティング剤を塗っていきます。防水・防菌作用があり、長年の間に水がしみ込んで変色しないように保護しています。コーティングすることで、万成石本来の色合いが長く保たれます。

 

万成石の洋型墓石が完成いたしました。
右奥のくり抜かれた部分はお線香のお皿が乗る所です。また手前の板が納骨室のフタになっており、前方にスライドさせると納骨室の入口が現れます。
また霊標は外柵と一体となっており、土の部分は雑草対策の固まる土「ジオミックス」を入れて、その上から「淡路島産の天然の砂」を敷いています。

 

竿石に刻まれた「慈」の文字ですが、お施主様は最初からこの文字に決めておられました。字体は幾つか候補をご提案させていただき、その中から選んでいただきました。竿石の大きさに対して字の大きさをどのくらいにするか、というところも重要です。大き過ぎても小さ過ぎてもバランスが取れなくなりますので、神経を使うところです。

彫刻の方法ですが、通常のようにサンドブラストで文字を彫り込んだ後に「つつき仕上げ」をしています。文字の中をさらに金属の道具で細かくつついていくことで凸凹した表面が白く滑らかになり、周辺とコントラストが生じ、彫刻した文字が鮮明に浮き出てきます。文字の中に色を入れる場合と比べると、つつき仕上げは自然な風合いになります。一手間かけて、こだわりの仕上げにいたしました。

 

モダンですっきりしたデザインのお墓です。このようにシンプルな形だからこそ、万成石の表情のある石目が引き立ちます。

 

完成したお墓をご覧になって、お客様にはとても喜んでいただき、満足されたご様子でした。

自分でも納得できるお墓を作ることができ、嬉しく思います。これに満足することなく更に良いご提案ができるように、これからも頑張ってまいりたいと思います。この度はどうもありがとうございました。