こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、和歌山の寺院墓地に建てさせていただいた和型墓石です。

こちらが完成した和型墓石です。愛媛県産の大島石を使用した7寸神戸型のお墓です。花立は花瓶型です。
ご縁のある和歌山の葬儀会社様を通じてご依頼いただき、お墓を建てさせていただくことになりました。石の種類を変えて複数のプランを提示させていただき、その中から選んでいただきました。

 

納骨室を作るために区画内の土を掘り出しています。

 

横に積み上げている石を組んで納骨室を作成します。和歌山では土の上に直接土台の石を置いてお墓を建てることが多いのですが、弊社で工事をさせていただきますので、地中に穴を掘り、組み石で納骨スペースを作成することにしました。

 

石を組んで納骨スペースができました。左右前後の隙間にはまた土を埋め戻して、しっかりと固めておきます。

 

納骨室の中には淡路島の天然の砂を敷いています。

 

お墓が完成しました。外側にも淡路島の天然の砂を敷いています。納骨室内の砂よりも粒が大きめのものです。敷く場所に合わせて砂粒の大きさを調整しています。砂を敷く前には、防草対策として固まる土「ジオミックス」を入れています。草が生えにくくなり、墓地の管理が楽になります。

>>雑草対策の固まる土 ジオミックス

 

花立は花瓶型で、家名を彫刻しています。丸みがあり、華やかな雰囲気に仕上がりました。

 

 

お施主様には今回直接お会いしておりませんが、担当の方を通じて、ご希望の日にお墓が完成し、たいそう喜んでくださって涙を流しておられたというお話を伺いました。お客様に喜んでいただいて、たいへん嬉しく思います。この度は、ご用命くださり誠にありがとうございました。

今回は和歌山市で施工をさせていただきました。
池尻石材工業では他府県での工事も対応させていただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

対応エリアはこちら>>