こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市長田区にある神阪中華義荘(中華墓地)でのお墓のリフォーム工事例です。

「神阪中華義荘」の詳細はこちら>>

こちらが工事完了後の様子です。お知り合いの方よりご紹介いただきまして、この度工事をさせていただくことになりました。

 

長年の間に地盤全体が前に傾いてきており、その影響で特に前面の外柵が通路側に傾いている状態で、お客様もそれが長らく気になっておられたようでした。

 

一旦外柵を撤去したうえで地盤を整え、また据え直しを行っていきます。

 

拝石を移動させると、下の納骨室部分が見えました。

 

こちらの墓地は通路が狭く重機が入らないので、クレーンの代わりに三又という道具を使って作業を行いました。三本の足の中心に取り付けた滑車で重たい石を吊り上げ、移動させることが出来ます。昔からの伝統的な技法で、重機の使えない場所では今でもたいへん重宝しています。

 

登り口の大きな石を三又を使って吊り上げています。

 

墓地が広いので、羽目石も長く門柱などのパーツの石も多いです。傷つけないように慎重に作業を進めていきます。

 

この後で、地盤を改良するために改良剤を加えた土を投入し、しっかりと固めて地面を整えていきます。

 

地盤の改良後、外柵を据え直して、化粧砂利も追加で投入しました。ビフォアの全体写真が無いので比較できないのが残念ですが、外柵も真っすぐに整いました。
後日、墓石のクリーニングと文字の色入れを行いました。

 

墓石のクリーニングを行いましたので、目地の部分の黒ずみがとれて墓地全体が明るい雰囲気になりました。
また文字の色を入れ直し、墓石がさらにスッキリとした印象になりました。

お客様から、長年気になっていた傾きが直って良かったと喜んでいただきました。長い間ご家族で大切に守ってこられたお墓ですので、これからも末永くお参りしていただければと願っております。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

「神阪中華義荘」の詳細はこちら>>