こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市営舞子墓園でのリフォーム事例です。
ご依頼くださったのはお近くにお住いのご年配の女性ですが、東京在住の息子さんが代理としてメールや電話を中心にやり取りをさせていただきました。

 

こちらがリフォーム前の様子です。
綺麗にお手入れされており、長年大切に守って来られた様子が伺えます。手前の登り口が狭くて段差が大きく、また植栽や雑草の手入れなど管理も負担になって来られたようです。お参りしやすい墓地にリフォームされたいということで、この度工事のご依頼をいただきました。

工事の手順としては、まず奥の墓石本体は動かさずに先にクリーニングを行い、その後で手前の土を掘り出して巻石およびアプローチ部分の工事を行いました。

 

まずは墓石をクリーニングし、文字と家紋の色を入れ直しました。

 

次に、手前の土を掘り出すために霊標や拝石を撤去します。

 

巻石を撤去し、手前の土を掘り出しました。

 

お隣の石垣に接している部分の余分なコンクリートをグラインダーで削っていきます。

 

境界線の部分なので、特に神経を使いながら慎重に作業を進めていきます。両側面を整えた後、新しい巻石を据え直していきます。

 

石を組み合わせる角の部分は、経年によるズレを防ぐために、ステンレス製のL字金具で固定します。工事が完了すると見えなくなってしまう部分ですが、このように工事の経過の画像もお客様にお送りしています。

 

巻石を据え直し、完成形が見えてきました。これから仕上げに入っていきます。

 

リフォーム工事が完了しました。
間口が広くなり通路から一段上ってそのままお参りしていただけます。左側にベンチを設置しましたので、ゆっくり休憩していただけます。
拝石部分は滑らないようにビシャン仕上げ(ビシャンという特殊なハンマーで石材の表面を叩いて仕上げる)にしています。

 

植栽は全て撤去し、雑草対策として墓石の周囲にコンクリートを打った上にレジンストーン(砂と樹脂を混ぜたもの)を敷いています。砂は淡路島産の天然の砂の大きめの粒を使用しています。防風扉付きのローソク立てを新たに設置いたしました。

 

霊標もクリーニングをして、お墓の真横に据え直しました。

 

当初は墓石の洗浄と雑草対策だけのご予定でしたが、同じ墓地のリフォーム後と同じようなお墓の例をご紹介したところ気に入ってくださり、プランが変更になりました。

 

完成した様子をメールでお送りしたところ「良い感じで仕上がって・・・近々東京から帰るので、実物を見るのが楽しみです」と嬉しいお返事をいただきました。
お母様も工事中に一度現場を見に来てくださったことがありました。とてもお参りしやすいお墓になりましたので、お母様の負担も軽減されて楽になられると思います。これからも末永く大切にお参りしていただければ、こんなに嬉しいことはありません。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。