こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介しますのは、堺市の市営墓地にある墓石の撤去を行い、神戸の石屋墓園に新規建立したお墓へご遺骨を改葬した事例です。

 

こちらがお墓じまいをした墓地の様子です。ご依頼くださったのは芦屋にお住まいの80代の男性の方です。長年きちんと手入れされ守って来られたお墓ですが、お参りや管理がたいへんになり、お墓を継がれる息子さんのお住まいに近いところにお墓を移したいというご希望でした。墓地を探しておられる段階で弊社にお問い合わせをいただき、墓地をご紹介してお墓を建てさせていただくことになりました。

 

お墓じまいの前に閉眼供養の法要を執り行っています。

 

墓石を撤去し更地に戻して市に返還します。

 

さて、こちらは改葬先の神戸の石屋墓園です。新たに墓石を建立して、ご遺骨をこちらに納めます。外柵と納骨室が出来上がりました。

 

納骨室の中には淡路島産の天然の砂を敷いています。

 

巻石の内側の継ぎ目部分は、接着剤と併せてステンレス製のL字型金具でしっかりと固定します。年月の経過によってズレが生じないようにするためです。

 

納骨室の上に中台を設置します。水平器で確認しながら作業を進めていきます。

 

8寸神戸型のお墓が完成しました。墓石は佐賀県産の天山石を使用しています。とても丈夫で変色が少なく濃い色合いが特長で、人気のある石です。巻石は中国の黒龍石です。コンパクトでしっかりとしたお墓で、雑草対策もしっかりと行いたいというご要望を頂いておりました。ジオミックス(雑草対策の固まる土)を投入して、その上に淡路島産の天然の砂を敷いています。

雑草対策の固まる土 ジオミックスについて>>

 

水鉢は彫らず、水をお供えする湯呑みを使用するようにしました。

 

霊標も新設いたしました。

 

堺市のお墓からローソク立てをひとつ移設しました。

 

新しいお寺様ともご縁がつながり、開眼供養も無事に済ませられました。墓地も近くなり、これから安心して末長くお参りしていただけるかと存じます。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共、どうぞ宜しくお願いいたします。