こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただくのは、淡路島の山あいの墓地から神戸の石屋墓園へのお地蔵様の移設と新規建立工事の様子です。

 

こちらが移設前のお墓の様子です。水子のお地蔵さまが1基建っています。

ご依頼くださったのは神戸にお住いの男性の方で、淡路島へのお参りが年齢と共に負担が大きくなって来られたということで、お参りしやすい近場への移設を考えておられました。たまたまお店に立ち寄ってくださり、お客様が淡路島のご出身なので、本社工場が淡路島にあることからも親近感を持ってくださいました。墓地探しからご相談をいただき、当初はお墓じまいをして永代供養も考えておられましたが、石屋墓園に新しくお墓を建ててお引越しをされることになり、淡路~神戸に拠点を置く弊社で工事をさせていただくことになりました。
実際の細かい打ち合わせややり取りは、関東にお住いの息子さんとメールで行いました。

 

こちらが移設先の墓地の様子です。これから基礎工事に入ります。

 

鉄筋を格子に組んでコンクリートを流し込んでいきます。しっかりと地盤を整えたお墓を作りたいというのも、お施主様のご希望でした。

 

コンクリートをきれいにならして、基礎工事が完了しました。

 

巻石を組み、これから納骨室を作成します。

 

経年によるズレを防止するために、延べ石の接合部分はステンレス製のL字型金具で固定します。

 

竿石を据えて、お墓らしくなってきました。納骨室の中には淡路島産の天然の砂を敷いています。

 

新しいお墓が完成しました。黒龍石を使用した8寸のオリジナル型の和型墓石です。左の台座の上に淡路島から運んできたお地蔵様を設置します。

 

前置き部分はすっきりとしたオリジナルデザインです。水鉢は彫らず、お湯呑でお水をお供えします。

 

淡路島から運んできたお地蔵様も設置が完了し、開眼供養を待っています。新しいお墓はスペースの制約がありましたが、お地蔵様は是非淡路島から移したいというご希望でしたので、限られたスペースに収まるように、工夫をいたしました。

 

納骨室の中だけでなく、お墓の周囲の地面にも淡路島産の天然の砂を敷いています。お施主様の出身地の砂ですので、お墓をより身近に感じていただけるのではないかと思います。

メールでやりとりさせていただいた息子さんにも開眼供養の際にお目にかかることができました。供養に立ち会わせていただいて、お父様が喜んでおられる様子が伝わってきて、大変嬉しく感じました。
この度はご用命くださいまして誠にありがとうございました。今後共どうぞよろしくお願いいたします。