こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

前回に引き続き、神戸市東灘区の中野八幡神社での玉垣設置工事の様子をご紹介します。

前回の記事はこちら(法面拡張工事の様子)>>

法面の拡張工事が終わり、これからいよいよ玉垣を設置していきます。寄進者の方々のお名前を彫刻した白御影石を運び込んで、設置順に並べています。頂いたお名前のリストを元に彫刻をしますが、お名前を間違えては大変ですので、入念にチェックをしながら事前の準備を進めていきました。

 

カニクレーンを使って、延べ石の上にひとつひとつ丁寧に設置していきます。

 

玉垣の設置が終わりました。この後、防草処理を行うために、玉垣に沿って土をならしていきます。右の写真が法面の拡張工事を行った部分です。

 

土止めのために、仕切りの金具を設置しました。

 

玉垣に沿って防草シートを貼りました。シートは金具で固定します。

 

防草シートの上に淡路砂利を敷きました。

 

境内の土をきれいにならして、作業が完了しました。清々しい空気が境内に漂っています。

 

玉垣が完成し、竣工式が執り行われました。

 

当日の境内の様子です。

 

拝殿で祝詞をあげて、神様に玉垣の完成を報告し、玉垣が末永く堅牢・安泰であることを祈願します。

 

 

寄進者の代表の方がお清めのお水を玉垣にかけています。総代さんが地域の皆様をまとめてくださいました。工事の途中も継続的に様子を見に来てくださり、いろいろな面でたいへんお世話になりました。その節はありがとうございました。
竣工式の当日はたくさんの方々が来ておられ、喜んでおられるのが皆様の表情からも伝わってきて、たいへん嬉しく感じました。

 

今回の工事では地理的なことも考慮して、特に念入りに基礎工事を行いました。大掛かりな工事でしたが、無事に完了することができ、関係者の皆様にも喜んでいただけてホッとしております。これからもより一層地元の皆様に親しまれる神社として、たくさんの方にお参りしていただけることと思います。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

前回の記事はこちら(法面拡張工事の様子)>>