こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市北区の市立鵯越墓園から東灘区の石屋墓園へのお墓の移設工事例です。

 

こちらが移設前の鵯越墓園のお墓の様子です。庵治石の洋型墓石です。

 

昭和54年(1979年)建立で、年月の経過によって文字の色もだいぶ薄くなっている部分があります。

 

こちらは移設先の石屋墓園の墓所です。同じ神戸市内ではありますが、お住まいから鵯越墓園まで遠く年齢も重ねてきたということで、今後のことも考えて、お参りに行きやすい石屋墓園に移設を決められたそうです。お知り合いの方からご紹介をいただきまして、弊社で移設工事をさせていただくことになりました。

石の重さをしっかり支えられるよう、基礎工事で鉄筋を組んでいます。

石屋墓園のご紹介>>

 

アプローチ部分を低くして、ご年配の方にもお参りしやすい作りにしています。

 

外柵の石の継ぎ目はL字型金具で固定し、経年によるズレを防止します。

 

納骨室の中には、細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

上段の土間部分はジオミックス(雑草対策の固まる土)で処理し、この上に淡路砂利を敷きます。下の段はコンクリートを打った上に、レジンストーン(淡路砂利+樹脂)で仕上げます。
花立は穴を開け直して、ステンレス製の花筒をセットしました。

ジオミックス(雑草対策の固まる土)について>>

 

文字の色も入れ直して、くっきりと読みやすくなりました。

 

移設工事が完了しました。右側には石の厚い板を設置しましたので、ベンチ兼物置としてお使いいただけます。
完成したお墓をご覧になって、お客様は「お参りしやすくなった」と大変喜んでくださいました。かがまずにお参りしていただけますので、楽になりますね。

お客様からお任せいただいたところが多かったのですが、ご年配の方にもお参りしやすい墓地にと心掛けて設計・工事を行いました。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。