こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の石屋墓園に建てさせていただいた和洋折衷型のデザイン墓石です。

こちらが完成したウルグアイ産バイオレットブルーを使用したデザイン墓石です。ご紹介をいただき、建てさせていただくことになりました。お隣りがご親戚のお墓で、たまたま隣りに空きができたということで、以前から墓地は取得されていらっしゃいました。お施主様はご年配の女性ですが、実際には息子さんご夫婦が窓口となってやりとりさせていただきました。

ちょうどこちらの墓地の企画に合う展示品があり、ご紹介したところ気に入っていただきました。和洋折衷型は高さと安定感を兼ね備えたデザインです。またバイオレットブルーは経年劣化の少ない高級石材で、今後は採れなくなるということで稀少価値があります。

 

工事が始まりました。鉄筋を入れて地盤を強化します。

 

コンクリートを打って養生しています。

 

巻石を設置し、納骨室を組み立てています。右の巻石部分に霊標をはめ込みます。

 

印をつけた部分が納骨室の空気孔です。土の部分には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

家紋の入っている石板が納骨室のフタです。

 

二重構造になっており、フタの下が土の部分で、お骨壺はこの段に納めます。地上納骨型は通気が良く、中に湿気がたまりにくいという利点があります。

 

地上納骨型の和洋折衷型のデザイン墓石が完成しました。霊標も同じバイオレットブルー、巻石や土間の貼り石は中国産の御影石です。中央のくり抜いた部分に、線香入れとお供えの水入れを置く場所を設けています。
霊標も巻石にはめ込み、土間部分はたっぷりとってお参りしやすくしました。幅が狭く縦長の敷地を活かせるように設計をしています。

 

出来上がったお墓をご覧になって、お客様はたいへん喜んでくださいました。既に見本をご覧いただいていたので、出来上がりがイメージしやすかったと思います。

バイオレットブルーは硬くて吸水率が低く本当に良い石で、これまでも自信を持ってお勧めしてきましたが、これからは採れなくなるということでとても残念です。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。