こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市内の共同墓地に建てさせていただいた洋型墓石です。

こちらが完成した洋型墓石です。佐賀県産の天山石を使用しています。墓地探しのご相談から始まり、その流れで施工をさせていただくことになりました。お客様はお近くにお住いの年配の女性で、亡くなられたご主人様のお墓です。実際のやりとりはお子様たちとさせていただきました。

天山石は濃い色合いで非常に硬く変色が少ないため、人気のある石です。墓石のデザインや候補の石を幾つかご提示して、その中から選んでいただきました。デザインは最初から洋型で、シンプルなものをご希望されていました。

 

工事前の墓地の様子です。巻石は既に設置されている状態でした。

 

巻石部分に汚れが付着していましたので、工事前に現場で石の再研磨を行いました。表面を薄く削って汚れを飛ばすことで、石が綺麗になります。せっかくの新規建立ですので、一手間かけて、新しい石と比べても遜色がないように整えておきます。

 

土を掘り下げて納骨室を作成し、粒の細かい淡路砂利を敷きました。

 

台石を設置しました。左右の丸い穴は着脱できるステンレス製の花筒に合わせてくり抜いたもの、四角い穴は納骨室の入口です。機能がコンパクトにまとまったデザインです。土間部分に防草用のコンクリートを打ち、手前に拝石を置きました。

 

シンプルなデザインの機能的な洋型墓石が完成しました。竿石の前にある、石のフタを開けて納骨していただきます。竿石の背面にお名前を彫刻しています。黒龍石を使用したローソク立てはオリジナルデザインでモダンな印象です。背面にステンレス製の扉が付いており、内側から防虫用の金網を貼っています。土間部分は大磯砂利のレジンストーン(砂利+樹脂)仕上げです。

 

巻石は再研磨で、このようにスッキリと綺麗になりました。新しい墓石ともマッチして、違和感がありません。

 

完成したお墓をご覧になって、「綺麗にしていただいて、ありがとうございます」と嬉しいご感想をいただきました。お客様にはトークアプリのLINEを登録していただき、LINEを中心にやり取りをさせていただきました。工事の途中経過や完成の様子は、LINEでタイムリーにご報告することができました。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共、どうぞ宜しくお願いいたします。