こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、宝塚市営・長尾山霊園でのお墓じまいの事例です。

長尾山霊園の紹介ページはこちら>>

 

こちらがお墓じまい前の様子です。お客様は千葉県にお住いの方で、遠方でお参りが大変になって来られたということで、ご遺骨を千葉の霊園の合葬墓に移されることになりました。ご紹介をいただきまして、この度、お墓じまいの工事をさせていただきました。

 

お電話でやりとりをしながらお墓じまいの段取りを進めてまいりました。工事前にお墓参りにこちらへ来られた時に、直接お客様にお目にかかることができました。

 

昭和46年に建てられてた9寸の和型墓石です。これから解体工事を始めます。

 

まず植栽を伐採して、墓石を解体します。道路にクレーン車を横付けし、オレンジ色のシートに解体した石を包んで、フェンス越しにクレーンで少しずつ運び出します。

 

延べ石も解体し、根っこや木の枝なども運び出します。

 

土をならして整えます。

 

上から真砂土を入れてきれいにならして、お墓じまい工事の完了です。今回はご遺骨も郵送してお届けいたしました。
途中経過や施工完了の様子は、記録の写真をお送りして報告を行います。

 

今回は遠方からのお墓じまいのご依頼でした。
このように離れた地域からのご依頼も対応いたしております。
複雑な「申請書類のサポート」「法要のお寺様のご紹介」なども対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お墓じまいについて詳細はこちら>>