こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の石屋墓園でのお墓の建替え工事例です。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。兵庫県産・桜本御影石の7寸のお墓が建っています。お客様が新たに納骨されるにあたって、敷地の広さに対してお墓が小さ過ぎて納骨スペースも狭いということで、建て替えを検討していらっしゃいました。お問い合わせをいただき、弊社で建て替え工事をさせていただくことになりました。

 

これから工事に入ります。まず古い墓石を撤去します。古い土は掘り下げて取り除き、真砂土を投入します。

 

延べ石の内側をコンクリートで補修しています。ズレているところは補正を行いました。

 

石を組んで、地下の納骨室を作成しました。中には細かい粒の淡路砂利を敷き詰めています。

 

中台、上台、供物台まで据えました。

 

納骨室の中に以前のお墓に入っていたご遺骨を納めました。

 

新たに霊標を設置しました。
お墓の後ろ側には玉垣を低めに設置しました。後ろ側が通路になっており延べ石と段差が少ないので、大雨の際に墓所内に水や土砂の流入を防ぐための玉垣です。

 

土をならした上に、防草対策の固まる土「ジオミックス」を敷き詰めます。

防草対策の固まる土「ジオミックス」の詳細はこちら>>

 

ジオミックスの上に、淡路砂利を敷き詰めて完成です!

 

拝石は以前のものを再利用しました。縦横の寸法に狂いがありましたので、綺麗にカットして据え直しをしました。

 

庵治石細目9寸の和型墓石です。墓石は前のお墓とイメージが変わらないようにと心掛けてご提案いたしました。

 

納骨式はまだこれからで、お客様の感想はお伺いしていませんが、ご覧になると喜んでいただけることと思います。
昔から大切に守って来られた墓所に手を入れることで、より落ち着いた感じに仕上がりました。たいへんやりがいのあるお仕事をさせていただき、嬉しく感じています。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。