こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市内の寺院墓地でのお墓じまいの事例です。

 

こちらがお墓じまい前の様子です。五輪塔と夫婦墓が1基ずつ建っています。ご依頼くださったのは神戸市内のお住いの方です。長く大切にお参りして来られたお墓ですが、後々お墓を守っていくのが難しくなったということで、この度鵯越墓園の合葬式墓地に改葬されることになりました。お問い合わせをいただき、弊社でお墓じまいの工事をさせていただくことになりました。

 

お墓のある神戸市須磨区・須磨寺の境内の様子です。

 

縁のある方々が集まって、青空のもと真言宗の僧侶の方による法要が執り行われました。

 

これからお墓じまいの工事に入ります。

 

樹木を伐採し、墓石を撤去しました。通路が狭く重機が入らない墓地なので、人力で搬出します。

 

抜根して地中に埋まった納骨室の石を掘り出します。

 

すべて掘り出した後に、新しい土を入れてきれいに整えます。今回は土台と外柵部分はそのまま残します。

 

お墓じまいが完了しました。工事の途中経過や完了後の様子は、写真をお送りしてご報告いたします。

 

ご遺骨は工事の際に丁重に取り出し、鵯越墓園の合葬墓に合祀する際に、弊社のスタッフが立ち会わせていただきました。お客様もお墓じまいが完了してホッとされながらも、長く守って来られたお墓が無くなる寂しさを感じていらっしゃるようでした。お墓のことを真剣に考えてらっしゃるからこそ、お墓じまいという選択をされるケースも多いと感じています。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

お墓じまいについて詳細はこちら>>