こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、三田市の永沢寺三田霊園でのお墓じまいの事例です。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。

 

左の何も建っていないところもお施主様の墓地で、合わせて20㎡の広さがあります。

 

建立後30年が経過しています。大切に守られてきたお墓ですが、お住まいから墓地までが非常に遠く、お参りが大変になってきたということでした。親戚の方からのご紹介で、尼崎の法園寺に改葬されることになり、弊社にお声掛けいただきました。せっかくの立派なお墓でしたので、当初は移設も検討されていらっしゃいましたが、最終的に永代供養施設への改葬となりました。

 

縁のある方々が集われて、閉眼供養の法要が行われました。

 

これから撤去工事に入ります。土台の間知石の石積みと外柵もすべて撤去しますので、大がかりな工事です。

 

撤去工事が終わりました。真砂土を入れて地面をきれいにならしています。周囲の墓地も工事の影響でご迷惑がかからないよう、ひととおり清掃しています。工事完了の様子は、写真をお送りしてご報告いたします。

 

撤去した石材の量もかなりありました。総量10トン近くになり、トラック3台で搬出を行いました。

 

改葬先のお寺への納骨も終わり、お客様も一安心されたのではないかと思います。これからはお住まいから近くなりましたので、お参りしやすくなりますね。
お墓のことを真剣に考え、これからもお参りを続けていきたいと思われるからこそ、お墓じまいという選択をされる方もいらっしゃいます。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

お墓じまいについて詳細はこちら>>