こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の石屋墓園に建てさせていただいた五輪塔の建立事例です。

こちらが完成した古代型の五輪塔です。岡山県産の万成石を使用しています。
ご依頼くださったのは60代のご夫婦で、先祖代々のお墓です。数年前に墓地のご相談をいただいて、先に墓地は取得されていたのですが、ようやくお墓の建立となりました。
先々は自分達も入ることになるので、納得のいく良いお墓にしたいとおっしゃっていました。伝統的な形で風格や重みのあるものにしたいというご希望で、いろいろと検討した結果、古代型五輪塔を建てられることになりました。

 

工事が始まりました。外柵、納骨室を作成中です。今回は外柵も五輪塔と同じ万成石を使用しています。

 

納骨室の中には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

石の継ぎ目の角部分は接着剤とステンレス製のL字型金具を併用してシッカリと固定し、経年によるズレを防止します。

 

完成までもう一息です。

 

岡山県産万成石の古代型五輪塔が完成しました。五輪塔は上から擬宝珠(空輪、風輪)、笠石(火輪)、玉石(水輪)、竿石(地輪)から構成されています。
上の段の土間部分はレジンストーン(砂利+樹脂)仕上げにしています。外柵も前面の土間部分もすべて万成石で揃えましたので、統一感があります。同じ万成石でお作りしたお供えのお水を入れる器(左)とお線香立て(右)が供物台の上に乗っています。

 

石の表面はあえて磨き込まずに「のみ切り仕上げ」という手仕事で仕上げています。石の表面に凹凸が残り、石本来の風合いが出ます。
工場で石材を加工をする際に、職人さんの手仕事が入りますので、機械での研磨に比べて普段の倍以上の手間と時間がかかります。

 

贅沢に時間と手間をかけたオール万成石での五輪塔です。まだ実物をご覧いただいた感想はお伺いしていないのですが、きっとお喜びいただけることと思います。
この度は、たいへんやりがいのあるお仕事をさせていただき、誠にありがとうございました。今後共、どうぞ宜しくお願いいたします。