こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、弊社で施工工事をさせていただいた南あわじ市の智積寺の永代供養墓です。

こちらが完成した永代供養墓です。中国産の青御影石とインド産の黒御影石を使用しています。
弊社は本社や工場がある淡路島と縁が深く、今回こちらの工事をさせていただくことになりました。

 

基礎工事の様子です。永代供養墓は通常のお墓よりも大きく、石の総重量もかなりになりますので、基礎工事をしっかりと行います。水抜きの穴も通常のお墓よりも大きくしています。

 

こちらの墓地は緩い斜面に手すりを付けて、年配の方にもお参りしやすいようにしています。

 

永代供養墓は幅3m、奥行き2mほどの大きさです。上に乗る石材の重さを支えられるように、内部にも石柱を据えています。耐震対策にも気を配って施工しています。

 

水抜きのための穴です。

 

外への排水用のパイプを設けています。

 

内側の壁には防水のために、セラミックの水性コーティング剤を塗布しています。

 

底には淡路産の砂利をきれいに敷き詰めています。

 

永代供養の合祀墓が完成しました。合祀される方のお名前を刻んだ石のプレートを、左右・後ろの壁面のくぼみにはめ込むようになっています。

 

プレートをはめ込むくぼみは左右の壁面の外側にもあります。また左右に2箇所ずつ空気孔も設けています。

 

背面の様子です。こちらにもお名前のプレートをはめ込むことができます。

 

竿石の中央部分、お線香立て、供物台、花立はインド産の黒御影石です。

 

 

後日、関係者の方々が集われ開眼式が行われました。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

 

池尻石材工業では、これまでも多くの永代供養墓や慰霊碑を建てさせていただきました。兵庫県外でも対応しておりますので、お寺様でご興味がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

永代供養墓関連の記事はこちら>>