こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の春日野墓地でのお墓の建替え事例です。
お電話でお問い合わせをいただき、工事をさせていただくことになりました。お声かけいただき、誠にありがとうございます。

春日野墓地の様子はこちら>>

 

こちらが建て替え前の墓地の様子です。かなり古いお墓で、竿石は8寸、石は国産の御影石のようでした。時代は明治くらいでしょうか、昔の職人さんが彫った文字に趣がありますね。
納骨室の無いお墓で、これ以上ご遺骨を納められない状態でした。巻石が土で汚れているせいもありますが、お隣との区画の境目もあいまいで、また巻石の継ぎ目に隙間も生じ、土間も雑草も生えやすくなっています。今回納骨室を作成し、建て替えることになりました。

 

まず墓石を撤去して、土を掘り下げてご遺骨を回収しました。

 

古い巻石は撤去して、全体的に土を掘り下げて整備し、新たに巻石を据え直しました。

 

石の継ぎ目はステンレス製のL字型金具を併用して、経年によるズレを防ぎます。
こちらの墓地は重機やキャタピラー付きの車を使用することができないので、搬入・搬出作業は手押し車による人力になります。

 

納骨室の底には細かい粒の淡路砂利を敷いています。丁寧に集めたご遺骨を布袋に入れて中に納めます。

 

雑草対策の固まる土「ジオミックス」を土間部分に敷き詰めています。

 

ジオミックスの上に淡路砂利を敷いてお墓の完成です。お隣との区画も明確になりました。

 

中国産の青御影石を使用した神戸型をベースにしたオリジナルの和型墓石です。物置石は青石です。

 

施工前よりも巻石を高くしてアプローチを設けて芝台も設置しましたので、同じ8寸3重台のお墓ですが、全体的に高さと安定感が出ました。また前面のスペースを大きくとれるように石塔は施工前よりも後ろに設置しましたので、広々とした印象になりました。

 

花立にステンレス製の花筒をセットし、同じ石でお作りしたお線香立てを正面に置きました。雑草対策も行いましたので、以前に比べてとてもお参りやお手入れのしやすいお墓になりました。
お施主様にはまだ完成したお墓をご覧いただいておりませんが、お参りしやすくスッキリとしたお墓に生まれ変わりましたので、お喜びいただけることと思います。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。