こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の舞子墓園に建てさせていただいた洋型の両家墓です。

舞子墓園のご紹介はこちら>>

こちらが完成した洋型墓石です。石塔部分と法名碑はインド産のクンナム、周囲は中国産の白御影石623を使用しています。
お客様は市内にお住まいの方で、ネットからお問い合わせをいただきまして、この度建てさせていただくことになりました。

お客様のご希望は両家並んだお墓を建てたいということで、納骨スペースを地上納骨式を取り入れてひと工夫したオリジナルデザインで両家墓を設計いたしました。

 

工事が始まりました。白御影石で外柵及び納骨室の部分を作成しています。複雑な形をしているので石材のパーツが多く、組み立てるのにけっこう時間がかかりました。

 

雨の中の工事中の様子です。テントを張って作業しています。

 

納骨室の中の様子です。(1)地中に土に還す形で納骨する部分、(2)地上納骨する部分の二層構造になっています。(1)には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

外柵部分が出来上がり、クンナム石で作成した石塔部分を設置しました。家名の部分には彫刻用のゴムシートが貼られた状態です。
丸の部分が下の納骨スペースの蓋で、その上の空間部分にも骨壺を納められるようになっています。

 

参道部分は石貼りで仕上げます。完成に近づいてまいりました。

 

法名碑は外柵の上に設置し、その向かい側にはベンチを設けました。
参道の左右はジオミックス(雑草対策の固まる土)の上に玉砂利を敷いて仕上げました。

 

法名碑と両家の竿石部分です。鏡面仕上げで、鏡のように周囲の風景が写っています。

 

花立と線香置きが一体となっており、花立の前の供物台と家名を彫刻した手前の部分を外すと、納骨スペースが現れます。左右対称の美しいデザインです。

 

スッキリとしたデザインのモダンな両家墓が完成しました。納骨スペースをたっぷりとったお参りしやすいお墓です。
完成したお墓はまだお客様にご覧いただいておりませんが、ご両家で末永く大切にお参りして頂ければ幸いです。この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

池尻石材工業では、お客様のご要望をしっかりとお伺いしてオリジナルデザインのお墓もお作りしています。
今回の二層構造になった両家墓の納骨室部分は複雑な設計で私にとってもチャレンジでしたが、お客様のご要望にお応えできるよう、またスキルをアップデートしていけるよう新たな試みにも積極的に取り組んでいきたいと思います。