こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、明石市の石ケ谷墓園でのお墓じまいの事例です。
ご依頼くださったお客様は納骨予定のご遺骨をお持ちで、霊園を探しておられました。明石市にお墓はお持ちでしたが、お参りに行くのが負担になって来られたのでアクセスの良い霊園に移したいということで、墓地探しのご相談をいただきました。
お客様ご本人だけではなく親戚の皆さんがお参りしやすい墓所ということで、交通の便の良い神戸市の石屋墓園に改葬することが決まり、明石市の石ケ谷墓園のお墓じまいをすることになりました。

石ケ谷墓園(明石市営)の様子はこちら>>

 

こちらがお墓じまいをする墓所です。昭和44年に建立されたお墓がひとつあります。きちんと外柵の延べ石も据えられており、建てられた当初はこの広い敷地に追加のお墓を建てていかれるご予定だったと思われます。

これからお墓じまいの工事に入ります。

石塔、延べ石、拝石を撤去し、さらに左右・背面に据えてあったコンクリートブロックも撤去しました。お隣の墓所を傷つけないように、境界部分は特に注意を払って作業をしなければなりません。

通路から一段高く土を盛り上げて墓地を造成していましたので、墓園の指示に従って、もとの状態に戻して返還します。

 

掘り返した土をならし上から新しい真砂土を入れてきれいに整えて、お墓じまいの工事が完了しました。

 

【改葬先の様子】

こちらは神戸市の石屋墓園の永代供養墓です。
明石市の墓地に納めてあったご遺骨と、今回新たに納骨予定のご遺骨を合わせて納めました。印の付いた石塔の下に納骨スペースがあります。墓石をずらしてフタを開けてご遺骨を納めます。

石屋墓園の永代供養墓のご紹介はこちら>>

 

工事か完了して、お客様からは「遺骨がちゃんと納まるところでずっと残るので、これからは安心です」とたいへん喜んでくださいました。
親戚の皆様もお参りしやすい墓地に改葬されましたので、これからも末永く皆様で大切にお参りしていただければと思います。この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。

お墓じまいについて詳細はこちら>>