こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、尼崎市の法園寺に建てさせていただいた和型墓石です。

こちらが完成した庵治中目石の和型墓石です。神戸型をベースにして、細かい部分は手を入れたデザインです。ご依頼くださったのはご年配の女性とその娘様ご夫婦で、亡くなられたご主人様のお墓です。お寺様よりご紹介をいただきまして、お墓を建てさせていただくことになりました。

 

工事が始まりました。巻石を据えているところです。

 

土台の石と巻石部分の継ぎ目は接着剤を併用して、しっかりと固定します。

 

巻石の継ぎ目は耐久性に優れたステンレス製のL字型金具でしっかりと固定し、経年によるズレを防止します。

 

納骨室を作成中です。水平器で水平・垂直を確認しながら作業を進めていきます。

 

巻石と納骨室の隙間部分に砂利を入れ、納骨室の底には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

お墓本体の石を据えていきます。完成形に近づいてまいりました。

 

今回は、石を保護するために表面にセラミック・コーティングをしています。吸水を抑え、経年による汚れの付着や石の変色を防ぐことができます。石職人が手作業で丁寧に石材専用のコーティング剤を塗布していきます。

詳しくはこちらのページでご紹介しています。
>>お墓のクリーニング・コーティング

 

庵治石中目の神戸型オリジナル墓石が完成しました。土間部分はコンクリートを打って、レジンストーン(淡路砂利+樹脂)で仕上げました。

 

ローソク立ても同じ庵治中目石でお作りしました。正面に透かし模様を入れ、内側に防虫用の網を貼っています。向かって左のローソク立ての後ろに据えてあるのは、こちらも同じ庵治石中目でお作りした物置石です。

 

ローソク立ては後ろに防風扉が付いています。

 

大安の吉日にお墓を仕上げて欲しいというご希望で、お天気を気にしながらの工事でしたが、期日に間に合うように完了することができてホッといたしました。ご納骨はまだこれからで、完成したお墓をご覧になってのお客様からの感想はお伺いしていませんが、お喜びいただけることと思います。

寺院墓地内に国産の石でしっかりとしたお墓を建てさせていただく機会をいただきまして、まことにありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。