こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、芦屋市の芦屋墓園に建てさせていただいた洋型墓石です。

こちらが完成したインドM10と中国産黒龍石を使用した洋型墓石です。インターネット経由でお問い合わせをいただき、お墓を建てさせていただくことになりました。お施主様のご主人様のお墓です。
洋型墓石で建立という大きな方向性は決まっていましたが、石の色合いや細かい部分の調整を時間をかけて行いました。お施主様とお嬢様、遠方にお住いのもう一人のお嬢様のご家族3人とズームを使っての打ち合わせもさせていただきました。

 

工事が始まりました。

 

基礎のコンクリートを打った上に、納骨室を作成しました。外柵部分は中国産の黒龍席を使用しています。

 

経年によるズレを防止するために、石の継ぎ目は耐久性の高いステンレス製のL字型金具を併用して、しっかりと固定します。

 

納骨室の中には普通の砂利の上に化粧砂利として、細かい粒の淡路砂利を敷いて仕上げています。

 

これから石塔本体を設置し、前面の土間部分を石貼りにします。

 

ご家族の想いのこもったお墓が完成しました。

 

石塔本体と土間部分はインドM10、外柵と物置石は中国産黒龍石を使用しています。

 

「縁」の文字は、お施主様の友人の書家の方の筆による書をもとに彫刻いたしました。
手前の供物台をスライドさせると納骨室の入口があります。

 

一際目を引くのがモダンな物置石です。デザインをご提案させて頂いたところ、たいへん気に入っていただきました。遠くからでも一目でわかるシンプル且つ個性的なデザインです。

 

納骨式にも立ち会わせていただきましたが、お施主様、お嬢様共々、お墓の完成をたいへん喜んでおられました。ようやく納骨まで済ませられて、ご安心されたのではないでしょうか。末永く大切にお参りしていただければと思います。
この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。