こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の鵯越墓園でのお墓の建替え事例です。
ご依頼くださったのは神戸市内にお住いの方で、知人よりご紹介をいただき、この度工事をさせていただくことになりました。

 

こちらが建て替え前の墓地の様子です。昭和の終わり頃に建てられた8寸神戸型のお墓です。
納骨室の広さや今後の管理のことを考慮して、お墓を建て替えられることになりました。一回り大きい9寸のお墓に建替え、巻石はそのまま利用し、新たに玉垣を設置することになりました。ご予算内に収まるようにご提案させて頂きました。

 

閉眼供養の法要の様子です。この後、さっそく墓石の撤去に入ります。

 

今回、巻石はそのまま利用します。墓石を撤去し、土を掘り下げ、納骨室を設置しています。

 

納骨室の中には細かい粒の淡路砂利を敷いています。この後、石塔を据えていきます。

 

石塔を組み立て、前のお墓に納められていたご遺骨を新しい納骨室に納めました。

 

新しいお墓が完成しました。黒龍石を使用した9寸神戸型のお墓です。従来の神戸型は水鉢を彫ってありますが、水鉢部分は経年で黒ずみや汚れが付きやすいので、敢えて彫らず、お好きな器にお水を入れてお供えしていただきます。
また既存の巻石の上に、同じ黒龍石で新たに玉垣を設置しました。

 

土間はコンクリートを打った上に、レジンストーン(砂利+樹脂)で仕上げています。
物置石は、土間に埋め込む形で同じ石を再び据え直しました。

 

玉垣は装飾の無いシンプルな形です。墓地内に水が溜まらないよう、継ぎ目の下部分の石をカットして、数カ所水抜きの穴を設けています。

 

8寸から9寸へと一回り大きいお墓になり玉垣も設置しましたので、どっしりとして落ち着いた雰囲気に仕上がりました。納骨室も広くなり、土間のお掃除も楽になりました。これからも末永く大切にお参りしていただければと思います。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。