こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の鵯越墓園でのお墓のメンテナンス事例です。

霊標に追加で戒名彫刻をして欲しいということでご依頼をいただき、現地を確認に伺いました。

こちらが施工前の墓地の様子です。昭和48年(1973年)に建立されたお墓で、50年近く経過しています。長く大切に守って来られたお墓です。

 

植栽が3カ所あり、土間の砂利も減って雑草が生えやすくなっています。向かって右手前に手水鉢もあるので墓地内が狭く、お掃除もしにくいかと思います。また手前の左右の延べ石がズレて隙間が生じています。

 

ズレた延べ石の間に砂利が入り込んでいます。このまま放置しておくと、更に隙間が広がる可能性があります。

 

竿石や霊標の文字の色が薄くなっています。当初は追加彫刻だけのご依頼でしたが、お客様も延べ石のズレや雑草など気になっておられたご様子で、今後お掃除や管理がしやすいように、この機会にお墓をメンテナンスすることになりました。

 

お墓のメンテナンス(追加彫刻、文字・家紋の色入れ、植栽および手水鉢の撤去、花立の修理、延べ石の据え直し、雑草対策)が完了しました。

 

正面文字、家紋の色を入れ直しています。花立はステンレス製の花筒をセットできるように加工しました。花筒は着脱式なので、水替えやお掃除が楽になりました。

 

文字の色を入れ直し、読み易くなりました。

 

左端に新たに一名様のお名前を彫刻し、色が薄くなっていた文字に色を入れ直しました。

 

手前の延べ石は据え直し、隙間が無くなりました。

 

土間は3カ所の植栽と手水鉢を撤去しました。砂利を取り除いて土を少し掘り下げてコンクリートを打った上に、レジンストーン(淡路砂利と樹脂を混ぜたもの)で仕上げています。表面が固まっているので、ホウキで掃いてお掃除ができます。

 

明るく開放感のあるお墓になりました。

 

お客様には完了後のお写真をお送りして、ご報告いたしました。明るくお参りしやすい墓地になりましたので、これからも末永く大切にお参りしていただければと思います。この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

防草対策には、石貼り、コンクリート+砂利、コンクリート+レジンストーン、防草シート+砂利、雑草対策の固まる土(ジオミックス)等々、いろいろな方法があります。墓地の状況やご予算、ご希望に合わせてご提案させていただきますので、お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。