こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の追谷墓園でのお墓のリフォーム工事例です。
ご依頼くださったのは県外にお住いの方で、霊園にあるお花屋さんがご紹介くださいまして、工事をさせていただくことになりました。ありがとうございます。

追谷墓園のご紹介はこちら>>

 

こちらが工事前の墓地の様子です。かなり前に建てられた古いお墓で、明治頃の建立ではないかと思われます。もともと納骨室が無く、また巻石も見えている部分はほんの少しだけで半分以上が土に埋もれてしまい、境界線がはっきり分からない状態です。向かって右のお墓には傾きが見られます。
新しい仏様のご遺骨を納めるスペースが無く、また先々のことを考えてお墓をきちんと整備しておきたいと、ご相談をいただきました。お墓の建替えという方法もありましたが、ご検討していただいた結果、ご予算内に収まるように、外柵と納骨室を新たに作成し、既存の墓石を据え直すことになりました。

 

工事が始まりました。
事前に登録されている㎡数を確認し、間口と奥行きを計り直して境界線を確定いたしました。一段高く外柵を作成し、納骨室を作成しました。

 

納骨室の中には細かい粒の淡路砂利を敷いています。古いご遺骨を中に納めて、先祖代々のお墓を据え直します。納骨スぺースはしっかりと確保していますので、これから先も安心してご遺骨を納めていただけます。

 

水平器で平衡を確認しながら既存の墓石を据え直しました。右のお墓も傾きが無くなりました。

 

リフォームが完了しました!
雑草対策として、コンクリートを打った上にレジンストーン(淡路砂利と樹脂を混ぜたもの)で仕上げをしています。

 

境界線もはっきりし、花立てやお線香立てを新調して、スッキリしたお墓になりました。

 

これまでのようにかがまずにお参りしていただけますし、お掃除もずいぶん楽になられると思います。

 

無事に納骨も済まされて、ご安心いただけたのではないかと思います。この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

古いお墓で納骨室が無くてお困りの場合、お墓を建替えるという方法もありますが、既存の墓石をそのまま利用し、新しい納骨室をお作りしてお墓をリフォームする方法もございます。
ご予算やご希望に応じて対応させていただきますので、いつでもお気軽にご相談ください。