こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、尼崎市の法華宗本山本興寺に建てさせていただいた和型墓石です。

こちらが完成した佐賀県産の天山石を使用した神戸型9寸三重台の和型墓石です。
お寺様よりご紹介をいただき、お墓を建てさせていただくことになりました。生前に建立される寿陵墓です。周囲とバランスのとれた大きさや形で建てたいというお客様のご希望でした。

生前に建てるお墓について詳しくはこちら>>

 

こちらが建立前の墓地の様子です。既設の納骨室があり、巻石も設置されています。

 

既存の巻石は石と石の間に隙間がありガタガタしていたので、きちんと高さを調整した上に芝台を設置しました。

 

4つの石を組み合わせており、経年によるズレを防止するために、内側の角部分は耐久性に優れたステンレス製のL字型金具でしっかりと固定します。お墓が完成してしまうと見えなくなる部分ですが、このようにしっかりと施工しております。工事の経過はお客様に写真をお送りしてご報告しておりますので、ご安心いただけると思います。

 

中台、上台を設置しました。納骨室の底には化粧砂利として細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

竿石を据えてお墓が完成しました。天山石の9寸三重台神戸型の和型墓石です。天山石は吸水率が低く硬さも抜群で、耐久性に優れた石材です。お客様は濃い色味の石をご希望でしたので、幾つかの石をご提案した中から天山石を選んでいただきました。

 

厚みのある芝台にしましたので、高さがあります。

 

水鉢は彫らず、お好みの器でお水をお供えしていただきます。蓋付きの香炉を置き、家紋は浮き出るように立体的な彫刻をしました。竿石の正面文字の彫刻は、砂状の研磨材を高圧で噴射して加工するサンドブラストという手法で文字の中を突いて整えています。一手間加えることで文字のコントラストが際立ち高級感が出ます。よく見ると細かい部分にこだわった仕上げになっています。

 

細部の仕上げに一手間加えたこだわりのお墓が完成しました。そのこだわりの部分をお客様がよく理解してくださり、たいへん喜んでくださいました。お墓の準備も済まされ、ご安心されたことと思います。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

生前に建てるお墓について詳しくはこちら>>