こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市灘区にあります東明桜ヶ丘霊園でのお墓じまいの事例です。

東明桜ヶ丘霊園についてはこちら>>

 

こちらが工事前の墓地の様子です。
今後お墓を見ていく後継者がいらっしゃらないということで、ご遺骨をお寺の永代供養に移すことになり、この度お墓じまいをされることになりました。これまでメンテナンスや彫刻をお願いしていた石材店さんが昨年お店をたたまれたということでご相談をいただき、弊社で墓石の撤去工事をさせていただくことになりました。

 

昭和37年(1962年)建立のお墓で、60年が経過しています。墓石は北木石製のようでした。法名碑は後年追加で設置されたようですが、昭和~平成~令和にわたって亡くなられた3名様のお名前が刻まれており、3つの元号の時代を経て長く守ってこられたお墓です。

 

まず敷地内の植栽を伐採して根っこを取り除いてから、墓石を撤去いたしました。表面の砂利を取り除き、土を埋め戻します。今回は土台の外柵部分はそのまま残します。

 

新しい真砂土を追加で入れて表面をきれいにならして、お墓じまいの完了です。

 

こちらは高台の墓地で、墓地内の通路が狭く重機が入らないので、敷地の横の道路端にクレーンを横付けし、アームを伸ばして墓石を吊り上げて搬出を行いました。

 

巻石の上部の貼り石も撤去しています。

 

お墓じまいが完了し、お客様も安堵されたのではないかと思います。お墓のことを真剣に考えられ、これからも供養を続けていきたいと思われるからこそ、お墓じまいという選択をされる方もいらっしゃいます。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。

お墓じまいの「申請書類作成のサポート」「法要のお寺様のご紹介」などにも対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
弊社で建立したお墓以外の工事も承っておりますので、何かございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

お墓じまいについて詳細はこちら>>