こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、和歌山県の寺院墓地に建てさせていただいた和型墓石です。

こちらが完成した佐賀県産の天山石を使用した7寸の和型墓石です。
和歌山の知人より、ようやく希望の寺院墓地が取得できたので、実家の親御さんがお墓を建てたい・・・ということでご依頼をいただきました。

 

工事が始まりました。手前の境界線のコンクリートが左隣の敷地と共通で設置されていたので、巻石を据える前に切断する必要がありました。敷地内の土を掘り出して、これから巻石を据えていきます。

 

水平器で慎重に確認しながら巻石を据えていきます。

 

中央が納骨スペースです。
和歌山では土の上に直接土台の石を置いてお墓を建てることが多いのですが、せっかくご縁があって弊社で工事をさせていただきますので、石を組んで納骨スペースを作成しています。この後、納骨室内に細かい粒の淡路砂利を敷きます。

 

石の継ぎ目は接着材とステンレス製のL字型金具を併用して、経年によるズレを防止します。お墓が建ってしまえば見えなくなる部分ですが、とても重要な工程です。

 

天山石の7寸の神戸型の墓石が完成しました。
佐賀県産の天山石は硬質で吸水率が低く耐久性に優れた石材です。「しっかりした石でお墓を建てたい」というご希望でしたので、天山石をお薦めいたしました。コンパクトな墓地ですが、石材にはこだわってしっかりとしたお墓を建立しました。

 

同じ天山石で塔婆立ても作成しました。擬宝珠を付けたオリジナルデザインをご提案させていただきました。水鉢は彫らず、お揃いの石で作成した湯呑でお水をお供えしていただきます。土間部分は淡路砂利のレジンストーン(砂利に樹脂を混ぜたもの)で仕上げました。防草効果があり、お掃除も楽にしていただけます。

 

こちらの画像は開眼供養の様子です。お餅や野菜、果物などをお供えして賑やかですね。
完成したお墓をご覧になって、お客様からは「良いお墓を作ってくれて、ありがとう!」と、すぐにお電話をいただきました。喜んでいただけて何よりです。

今回は和歌山県で工事をさせていただきました。
池尻石材工業では他府県での工事も対応させていただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

対応エリアはこちら>>