こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、永代供養墓の施工事例です。神戸市東灘区の森共同墓地内にある浄称寺の管理敷地内に建てさせていただきました。お寺様とは以前からご縁があり、この度工事をさせていただくことになりました。

 

こちらが工事前の様子です。石積みの一段高い横長の敷地にお墓や供養塔が一列に並んでいます。既に一部解体作業が始まっていますが、矢印を付けた古い供養塔の場所に新しく永代供養墓を建立します。

 

こちらがその古い供養塔です。竿石と花立、線香立ては残します。

 

工事が始まりました。墓地の右半分を整地し直して、お墓の配置換えも含めて整理をします。

墓石を全部撤去して、樹木を伐採して、石垣の内側の土を掘り出しました。

 

石垣があった場所に、コンクリートブロックと石で土台の壁面を造成中です。

 

右半分の基礎部分です。この上に延べ石を設置します。

 

延べ石を据え、納骨室を作成中です。納骨室の左右側面には中に湿気が溜まらないように空気孔を設けてあります。

 

普通のお墓と同じように、納骨室の中には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

永代供養墓が完成しました。右側には霊標を設置しています。古い供養塔の竿石は左に合祀し、花立と線香立ては新しい供養墓の前に設置しました。

 

霊標は、中に入られる方のお名前を彫刻したプレートを壁面に嵌め込むようになっています。土間はレジンストーン(淡路砂利と樹脂を混ぜたもの)で仕上げています。

 

墓地の左半分は石垣部分は残して、上に延べ石を据えています。お墓は配置を替えてスッキリとまとめ、敷地に空きスペースもできました。

 

完成した永代供養墓をご覧になって、お寺様からは「かかった費用以上のことを充分していただきました」とお礼の言葉をいただきました。
今回の墓地は作業スペースが狭く車も止めづらかっため、搬入搬出などが大変でしたが、大掛かりな造成工事を含む工程が無事終了し安堵いたしました。
この度は、工事をお任せくださりありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

池尻石材工業では、お寺様の永代供養墓も手掛けておりますので、何かございましたら、いつでもお声かけください。