こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市東灘区の神戸市営・小林墓地での墓地整備工事の様子です。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。地元の本御影石で建てられた8寸の墓石と霊標です。
以前追加彫刻をさせていただいたお客様から、納骨のご依頼をいただきました。その際に、コンクリートで作られている納骨室を石製のものに作り替えて、霊標を追加したいというご要望でした。
現場を確認させていただくと、土間には大きめの砂利石が敷かれており、石の間から雑草がたくさん生えていました。併せて、雑草対策や墓石のクリーニングなどを行い、よりお掃除や管理のしやすいお墓になるように手を加えることになりました。

作業の手順として、まず墓石をクリーニングして、その後に納骨室を作り替え、お墓周りの整備工事をいたします。

まず雑草を抜いて、墓石をクリーニングしました。専門の職人の手磨きによる特殊洗浄です。

 

石材メンテナンス技師が汚れの程度を見極めながら全て手作業(手磨き)で行います。水鉢は特に汚れの溜まりやすい部分ですが、このように黒ずんだ汚れも落ちてスッキリときれいになりました。

 

延べ石や階段の汚れも落ちて、もとの明るい色が蘇りました。

 

納骨室の作り替え中です。納骨室の底には、細かい粒の天然の淡路砂利を敷いています。
土間部分は古い土を少し掘り下げ、この後防草コンクリートを打って、レジンストーン(砂利+樹脂)で仕上げます。

 

墓地の整備工事が完了しました。

 

向かって左側に、新しく設置した霊標です。

 

花立は穴を加工して、ステンレス製の花筒をセットしました。花筒は抜き差しができますので、水替えやお掃除がしやすくなりますね。

 

土台の間知石と地面の間のコンクリートも劣化していましたので、補修工事を行いました。

 

お客様は工事後の様子をご覧になって、わざわざ弊社までお立ち寄りくださり、「きれいになって良かったです」と嬉しいお言葉をいただきました。
納骨室のことは以前から気になっておられたようで、お墓が綺麗に整備されて一安心されたのではないでしょうか。これからも末永く大切にお参りしていただければと思います。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後共どうぞよろしくお願いいたします。