こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市舞子墓園での墓地整備工事の様子です。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。鵯越墓園にあるお墓をお墓じまいして、ご遺骨をこちらに移してまとめたいということで、ご相談をいただきました。

 

この機会に霊標を追加で設置することになったのですが、丸い物置石を手前にずらしてその奥に据えることになりました。
また墓地内に雑草が生え植栽も伸びているので、草取りをして砂利を追加し、お参りしやすいように花立の改良も併せて行うことになりました。

 

草を抜き、余分な砂利と土をかき出して、霊標の土台の石を設置しました。

 

新しい霊標を設置して、五色の砂利を敷きました。

 

実はこちらの霊標は、お客様のご希望で、鵯越墓園でお墓じまいをした竿石を削って霊標に加工したものです。本御影石製で、お客様にとっても思い入れのあったお墓だったことでしょう。お墓じまいはしましたが、このようにご遺骨を移された墓地で霊標として残すことができました。側面に彫刻されていた建立年月日と建立者のお名前はそのまま残しています。

 

ステンレス製の花筒が入るように、花立も穴を加工しました。線香立ても筒を付けて使いやすく改良しました。

 

後方の外柵の目地も補修いたしました。

 

新しい霊標が増えましたが、伸びた雑草を抜いて植栽も整理したので、スッキリしました。

 

工事完了後の墓地をご覧になって、「きちっと仕上げてくれて、ありがとうございます」と、お客様からお電話をいただきました。今回はお墓じまいから始まって、竿石を霊標として加工し直して設置するという稀なご依頼でしたが、喜んでいただけて何よりです。お墓じまいは石材店としては寂しいものがありますが、このように別の形として一部でも残すことができて良かったと思います。

この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。また何かお困りごとがございましたら、いつでもお声かけください。