こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、芦屋市の芦屋霊園での雑草対策と納骨室の入口改修工事の事例です。
お客様より納骨のお手伝いのご依頼を頂いたのがきっかけで、今回の工事をさせていただくことになりました。

 

こちらが工事前の墓地の様子です。
植栽が生い茂り、角度によっては背の低い洋型墓石が隠れて見えなくなっています。また右手前の自然石の手水鉢も植栽の蔭になっています。掃除や管理がかなりご負担になっておられ、土間部分を全面石貼りにすることになりました。

 

また、こちらのお墓は後ろにある納骨室の入口がきちんと整備されていない状態でした。背面の土を掘ると納骨室の入口があり、納骨後にまた土を埋めて入口を塞いで・・・と納骨の度にされてきたそうです。雑草対策で石貼りに改修するこの機会に、納骨室入口の整備も併せて行うことになりました。

 

工事が始まりました。
まずは植栽を撤去し、古い土を掘り下げてかき出します。この後、転圧してしっかりと地面を固めてコンクリートを打ち、石貼り工事を行います。

 

雑草対策の石貼りと納骨室入口の改修工事が完了しました。
石貼り部分は黒龍石を使用しています。洋型墓石の色合いになじむように、艶無しの加工で仕上げました。

 

植栽が無くなり、とてもスッキリしたお墓になりました。

 

改修した納骨室の入口の様子です。

 

納骨室入口のフタを閉めた状態です。

 

貼り石の縁は面取りをして、巻石よりも若干高さを出して仕上げています。花筒と線香立てもステンレス製の新しいものを設置いたしました。

 

自然石の手水鉢もそのまま残しています。石の形に合わせて石板を丁寧にカットして石貼り工事をしています。

 

拝石はもともとの石を活かして奥に詰めて配置しました。ちょうど中央に収まり良い感じに仕上がりました。

 

植栽を撤去して石貼りにすることで、風通しの良いスッキリとしたお墓になりました。
納骨室の入口も整備してこれからはお参りやお掃除がしやすくなりますので、お客様にお喜びいただけることと思います。末永く大切にお参りしていただければ幸いです。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。