こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の舞子墓園での雑草対策工事の事例です。
お客様より納骨のお手伝いのご依頼を頂いたのがきっかけで、今回の工事をさせていただくことになりました

 

こちらが工事前の墓地の様子です。屏風型の石を背にしてシンプルな洋型墓石が建っています。かなり広い墓地で、防草シートや人工芝を敷いて雑草対策はされていらっしゃいましたが、管理や清掃の負担が大きくなってお困りということで、ご相談をいただきました。
今回はジオミックス(雑草対策の固まる土)を使用した雑草対策工事を行うことになりました。

 

入口から墓石までのアプローチ部分には人口芝のシートが敷き詰められています。

 

後ろからの様子です。敷地内にかなりの大きさに育った樹木も生えています。

 

工事が始まりました。
まずは樹木を伐採・抜根し、雑草の生えた表面の土をかき出して掘り下げます。

 

掘り下げたところに砕石を入れて下地を固めます。入口と墓石の間に白御影石の拝石を新たに設置しました。

 

水平器でレベルを測りながら、砕石の層の厚みを確認しています。

 

砕石の上にジオミックス(雑草対策の固まる土)を投入しました。こちらも同じく厚みを確認しています。

>>雑草対策の固まる土 ジオミックス

 

ジオミックスを敷き終わりました。この上から水を撒いて固めます。

 

ジオミックスが固まったら、天然の淡路砂利を敷いて作業完了です。

 

作業完了時にはそろそろ暗くなる頃で、手前のライトアップの光が映って、右の巻石の手前が紫色に見えます。

 

後ろ側もスッキリしました。

 

土間部分が砂利で均一に覆われ、ビフォアの様子と比較すると広く感じられますね。

 

お客様の感想はまだお伺いしておりませんが、スッキリとした墓地になり先々の管理も楽になりましたので、お喜びただけると思います。
この度はご用命くださいまして、誠にありがとうございました。また何かございましたら、お気軽にお声かけください。

雑草対策にも幾つか方法がありますが、今回は雑草対策の固まる土「ジオミックス」を使用しました。

防草対策には、ジオミックスの他に、石貼り、コンクリート+砂利、コンクリート+レジンストーン、防草シート+砂利等々、いろいろな方法があります。
墓地の状況やご予算、ご希望に合わせてご提案させていただきますので、お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。