こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、西宮市の満地谷墓園での雑草対策工事の事例です。
お客様より納骨のお手伝いのご依頼を頂いた流れで、今回の工事をさせていただくことになりました

 

こちらが工事前のお墓の様子です。
昭和10年代に建てられた白御影製のお墓ですが、長年の間に植栽が生い茂りかなりの高さになっています。せっかくの立派な灯籠も目立たなくなっています。お墓の前部分の地面以外はほとんど見えない状態です。ここまで育ってしまうと、個人で対応するのは難しいですし、このまま放置しておくと樹木の根っこに押されて石にズレが生じてくる懸念もあります。

工事の手順としては、まず植栽を伐採・抜根し、表面の土をかき出して掘り下げ、転圧して地面を固めます。その上にジオミックス(雑草対策の固まる土)を敷き、上から水を撒いて固めます。ジオミックスが固まったら砂利を敷いて完成です。

 

雑草対策工事が完了しました。
淡路産の天然の砂利石を敷いています。墓石の色ともよくなじんで、自然な風合いの仕上がりです。墓前灯籠の存在感も増しました!

 

植栽が撤去されて、スッキリしました。お墓も広く感じられますね。

 

やはり植栽の根っこの影響があったようで、延べ石に隙間が生じていましたので、目地の補修を行いました。

 

工事後の様子をご覧になって、お客様からは「見違えたようで、工事をしていただいて良かったです」と喜んでいただきました。これからは気持ち良くお参りしていただけることと思います。また何かございましたら、お気軽にお声かけください。

 

雑草対策にも幾つか方法がありますが、今回は雑草対策の固まる土「ジオミックス」を使用しました。

防草対策には、ジオミックスの他に、石貼り、コンクリート+砂利、コンクリート+レジンストーン、防草シート+砂利等々、いろいろな方法があります。
墓地の状況やご予算、ご希望に合わせてご提案させていただきますので、お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。