こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市の鵯越墓園でのお墓の建立事例です。

こちらが完成した地上納骨型の洋型墓石です。オリジナルデザインで、石は中国産の黒龍石を使用しています。お施主様は神戸市内に在住のご年配の方で、以前から墓地は取得しておられ、墓地の様子を時々見に来られていました。その時にたまたま私の父が近くで追加彫刻の仕事をしており、声をかけてくださったのがご縁のきっかけでした。

 

後日改めてご連絡をいただき、お話しをお伺いしました。高知県の方にお墓があり、そちらを墓じまいしてこちらに改葬するご予定だということでした。今後もご遺骨を余裕をもって納められるように納骨室を広くとり、洋型デザインのお墓を建てたいというご意向でした。ご希望を反映した図面を幾つかお出ししてご検討いただき、弊社でお墓を建てさせていただくことになりました。

 

工事中の様子です。

 

納骨室の中は広く取っています。土を残した部分には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

黒龍石を使用したオリジナルデザインの洋型墓石が完成しました。竿石の前面の縁部分や、台座の石の上部に段をつけて細かい部分が凝っています。

 

左右にベンチ兼物置を設置しました。荷物を置いたり、腰かけて休憩したりと、お参りしやすい作りになっております。

 

背面の様子です。竿石の後ろが霊標代わりになっており、高知県からこちらに改葬される2名様の戒名を彫刻しています。

 

地上納骨室の空気孔は、丸くくり抜いて網戸付きのステンレス製金具をはめ込むことが多いのですが、今回は加工した石をはめ込み、内側から網戸を貼っています。一手間かかりますが、落ち着いた高級感が出ます。

 

完成したお墓をご覧になって、「立派なお墓ができて良かった」と、お施主様にはたいへん喜んでいただきました。納骨室の中もゆったりスペースをとってありますので、次世代の方も安心して末永く大切にお参りしていかれることと思います。この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

今回のように、お客様のご希望を取り入れたオリジナルデザインのお墓もお作りしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。