こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回ご紹介させていただきますのは、神戸市東灘区の森共同墓地での建立事例です。

こちらが完成した洋型墓石で、石は佐賀県産の天山石を使用しています。お施主様はご年配のご夫婦で、寿陵墓(生前に建てられるお墓)です。知人よりご紹介いただきまして、この度お墓を建てさせていただくことになりました。

 

こちらが建立前の墓地の様子です。お施主様は以前から墓地は取得しておられ、外柵は既に出来上がっている状態でした。洋型墓石をご希望で、ご予算に見合うように複数のプランをお出しして、その中から選択していただきました。

 

工事中の様子です。

 

納骨室の底には細かい粒の淡路砂利を敷いています。

 

佐賀県産の天山石を使用した洋型墓石が完成しました。天山石は非常に硬く、経年による変色が少ないという特長があります。

 

土間は防草コンクリートを打って大磯砂利のレジンストーン(砂利と樹脂を混ぜたもの)で仕上げました。

 

花立は内側に向かって傾斜をつけており、竿石、台座の石、香炉もゆるやかなカーブをつけています。シンプルですが、細かい部分にこだわりのあるデザインです。

 

右側に法名碑(天山石使用)、左側にベンチ兼物置(中国産黒龍石)を設置しました。

 

完成したお墓をご覧いただいたお施主様から「立派などっしりとした雰囲気に仕上がって良かったです」と、たいへん喜んでいただきました。寿陵のお墓が出来上がりましたので、ひとつ大きな肩の荷を降ろされたのではないでしょうか。この度はご用命くださいまして、まことにありがとうございました。また何かございましたらいつでもご相談くださいませ。今後共どうぞ宜しくお願いいたします。