秋も深まり、朝夕は冷え込むようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

神戸市東灘区の保久良神社は地元では有名な神社で、六甲山への登山口があり、毎日たくさんの方が歩いているのをみかけます。朝は空気が澄んで気持ち良いです。

これまで弊社は同じく東灘区の綱敷天満神社に毎年干支の石彫刻を奉納させていただいたのですが、こちらの神社にも同じものをセットしたいというご依頼をいただきました。

この度、正面参道の鳥居の近くから右一列に12支の石彫刻を並べました。設置作業中には、通りすがりの登山の方が「可愛い!」と喜んでくださり、疲れも吹き飛ぶ思いでした。道行く人を癒し、末永く愛される存在になってくれればと願っています。