こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は、西宮市営の満地谷墓地に建てさせていただいた洋型墓石をご紹介いたします。

こちらが完成した墓石です。リフォーム工事のご依頼をいただき、以前のお墓を一つにまとめて建て替えいたしました。ご依頼くださったのは50代の男性で、滋賀県にお住いお父様の代理でHPからお問い合わせをいただいたのがきっかけです。

 

リフォーム工事前の様子です。明治~大正期に建てられたお墓が4基建っていました。前々から、滋賀のお父様より建て替えたいと打診されていたそうです。

 

別の角度からの様子です。雑草が生い茂り、隣の墓地との境界も分かりにくくなっています。

 

基礎工事の様子です。もともと地盤はしっかりとしている墓地です。

 

納骨スペース、巻石を設置しました。

 

新しいお墓が完成しました。良心的な価格の丈夫な石で洋型の墓石を建てたいというご希望でしたので、石塔は黒龍石、巻石・拝石は中国産の白御影石を使用しています。すっきりとして重厚感のあるデザインです。雑草を抑えるジオミックスという固まる土の上に五色の砂利石を敷いています。

「ジオミックス」のご紹介はこちら⇒

 

お父様が「昭和」生まれで、「令和」の時代になり、私の名前が「和昭」ということで3つの「和」からとって、縁起をかついで「和」という文字を選ばれたそうです。

 

開眼供養の様子です。滋賀県からお父様もお越しになりました。

 

 

完成したお墓をご覧になって、お父様は「良いお墓が出来て、満足しております」と喜んでくださいました。

息子さんは兵庫県内とはいえ遠方にお住まいでしたので、最初に現地でお会いしてからはずっと電話、郵送、メールでこまめにやりとりをしてきました。完成した写真は敢えてお送りせずに、当日に完成したお墓をご覧いただくことになっておりました。「見るのが楽しみしでした。ホッとしました!」とおっしゃっていただき、私も安堵いたしました。

インターネットで見つけて声を掛けてくださり、弊社を選んでいただきまして嬉しい限りです。お客様に喜んでいただけて、たいへん励みになっております。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。