こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は、岡山市より神戸春日野墓地へのお墓の移設工事をご紹介いたします。

こちらは移設後の様子です。9寸芝台付きの神戸型、墓石、墓誌ともに佐賀県産の天山石を使用しています。物置石は中国の黒龍石です。

お客様は神戸にお住いの70代の女性で、岡山にある先祖代々のお墓へお参りするのが大変になって来たので、お住いの近くに移されたいということで、この度、移設工事をさせていただきました。

こちらが移設前の墓地の様子です。手前の4基の棹石は春日野墓地へ移設します。

 

こちらの墓誌と墓石は処分することになりました。近くまで車が入らない墓地で、撤去・運搬作業も人力頼みの難工事でした。ここまでお参りに来られるのも一苦労だったとお察しいたします。

 

移設先の春日野墓地の工事途中の様子です。外柵部分が完成しました。基礎コンクリート部分をしっかりと打っております。また四隅の継ぎ目には、組んだ石がズレないようにステンレス製のL字型の金具でしっかりと固定しています。工事が終われば見えなくなってしまう部分も、このようにしっかりと施工しております。

 

新しいお墓が完成しました。開眼供養の法要を執り行っています。

 

新しいお墓には芝台を設置しましたので、高さが出て重厚な雰囲気に仕上がりました。

 

神戸型のお墓ですが、細かい部分はカスタマイズしています。今回は、水鉢部分にはあえて皿彫りを施しませんでした。

 

霊標は新しく設置しました。裏面に今回の改葬の内容を彫刻しています。

 

以前の墓地から運んできた4つの棹石には思い入れがおありということで、新しいお墓の両隣に並べて合祀しました。

 

南向きの間口の広い墓地で、気持ち良くお参りしていただけると思います。

 

完成したお墓をご覧になって「立派なお墓ができて良かった」とたいへん喜んでいただきました。お施主様は「やっとこちらのお墓を綺麗にできて、私の大きな仕事が終わった」と親戚の方にお話しされて、涙ぐんでおられました。

お客様の長年の懸案事項であったお墓の移設のお手伝いができて、たいへん嬉しく思います。これからも末永く、どうぞ宜しくお願いいたします。