こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は、神戸春日野墓地でのお墓じまいの様子をご紹介いたします。

こちらのお墓じまい前の墓地の様子です。雑草も多く、茂った樹木がお墓の前を塞いでいる状態です。お墓の管理が難しくなってきたので、同じ春日野墓地内にある納骨堂(墓堂)に改葬されることになり、この度お墓じまいをすることになりました。ご依頼くださったのは60代後半の女性で、春日野墓地の指定業者のリストをご覧になって、弊社をご指名くださいました。ありがとうございます。

 

こちらの墓地は通路は狭く、お墓の近くまで重機が入らないので、解体した墓石や雑草などを手押し車で少しずつ運び出す地道な作業になります。

 

巻石も撤去し、土を掘り返して雑草も抜いていきます。

 

この後、土をならしていきます。

 

 

広い墓地なので空き墓地になっている間に雑草が生えないようにして欲しいと墓地の管理者様より依頼をいただきました。まず防草用のシートを敷きます。

 

写真の左側が墓地の奥側です。シートがずれないように、端をコンクリートで固めています。

 

墓地の正面から向かって左側の端です。こちらもコンクリートでシートを固定しました。この後、上から砕石を敷いて工事完了です。(砕石仕上げ)

今回は管理事務所様を通じて工事完了の画像をお客様にお送りして確認していただきましたので、直接お客様からのお声はいただいておりませんが、これからはお参りの負担も減って、安心して納骨堂の方にお参りしていただけるようになったかと思います。
この度は、弊社をお選びいただき誠にありがとうございました。