こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は、神戸春日野墓地での神道式のお墓の修理の様子をご紹介いたします。

こちらが修理完了後の様子です。お墓の持主の方は沖縄県の与那国島在住の方ですが、近くに住む親戚の方が代理で依頼してくださいました。春日野墓地の指定業者のリストをご覧になって、弊社をご指名くださったようです。ありがとうございます。

 

こちらが修理前のお墓の様子です。国産の御影石で作られています。長年のうちに地面のコンクリートがひび割れ、巻石もズレて隙間が生じています。墓石とコンクリートの間から雑草も少し生えてきています。放置しておくと、ますます巻石のズレが大きくなってしまう恐れもあります。

 

近くに住む親戚の方がこのような状態を気にしてお墓の持主の方に連絡を入れ、早めに修理をしようという運びになったようです。
花立にもひびが入っていますが、ご予算の都合もあり、今回は花立は交換ではなく接着剤で補修して設置しなおすことにしました。

 

まず、ひび割れてグラグラしている花立を慎重に外し、コンクリートを部分を剥がします。この後、ズレがないように巻石を設置しなおして、土を叩いて落ち着かせ、その上からコンクリートを打っていきます。

 

コンクリートを打つことで、防草対策にもなります。コンクリートが薄いと浮いてきて割れやすくなるので、耐久性を高めるために、これまでよりも厚めにコンクリートで固めています。コンクリートが乾いたら、その上に化粧砂利を敷いていきます。

 

修理が完了しました。花立は修理用の接着剤で補修して、再度据え直しをしました。

 

地面を綺麗に整えることで、落ち着いてすっきりとした印象になりました。

 

完成の写真、完了報告を遠方のお客様にお送りして、確認していただきます。まだご感想はお伺いしておりませんが、お墓がすっきりと整ってご安心されるのではないでしょうか。
この度は、修理のご依頼、誠にありがとうございました。