こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は、神戸市立魚崎墓地(東灘区)で行いましたお墓の雑草対策の工事をご紹介いたします。

 

こちらが工事前の様子です。墓地内の雑草に加えて、両隣のお墓との境界の隙間や背面の壁との間の隙間にも雑草が生え、草抜きや掃除が負担となりお困りでした。同じ墓地内で管理しておられた別のお墓のことでご縁ができた流れで、こちらのお墓の雑草対策をさせていただくことになりました。
特にお隣との境界部分の雑草に悩まされており、境界部分は公に任せていてはなかなか改善が進まないなので、この機会にきちんと整えておきたいというご希望でした。

 

お墓の後ろ側の様子です。隙間に雑草が生え、落ち葉も入り込みやすくなっています。右の奥もかなり雑草が茂っています。

 

お墓の雑草を取り除き、土をならして整えていきます。

 

右奥の角の石をいったん外して雑草や根っこを取り除いています。
虫の発生しやすい時期の工事でしたが、現場のスタッフにも虫と戦いながら頑張ってもらいました。

 

両隣との境界の溝の雑草を取り除き、余分な土砂を掻き出しています。この後、左右・後ろの隙間をコンクリートで固めていきます。

 

墓地内の土部分は整地した上から、雑草を抑える「ジオミックス」という固まる土を入れていきます。

「ジオミックス」のご紹介はこちら⇒

 

ジオミックスをならして、ていねいに押し固めていきます。

 

左側が水をかける前、右側が水をかけた後です。水をかけることでジオベストという固化材と反応して、真砂土の本来の色になります。固まったら、その上から砂利を敷いていきます。

 

墓地の背面部分です。奥の溝もコンクリートで固めました。巻石部分も隙間から再び雑草が生えてこないように、目地にコンクリートを注入してしっかりと補修しています。

 

砂利石を敷いて工事が完了し、お墓全体がすっきりと明るい印象になりました。「前以上にきれいになりました!」とお客様にはとても喜んでいただきました。境界部分の雑草にはかなり悩まされておられたご様子だったので、お掃除に加えて気持ちの負担も解消されたのではないかと思います。この度はご依頼ありがとうございました。