こんにちは。弊社のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。神戸・兵庫一円で、お墓のお仕事をさせていただいていおります池尻石材工業の池尻です。

今回は神戸市灘区の石屋墓園に建てさせていただいた万成石(まんなりいし)の和型墓石の施工例をご紹介いたします。

こちらが完成した9寸神戸型の墓石です。巻石、霊標を含めてすべて万成石で統一して建てさせていただきました。万成石は硬く変色しにくい花崗岩で、美しい淡紅色が特徴の石です。

お客様は大阪在住の年配のご夫婦で、寿陵墓(生前に建てるお墓)です。神戸に住む息子さん家族が将来お墓の面倒を見やすい立地条件の墓地を捜しておられ、ホームページからお問い合わせをいただいたのがきっかけです。アクセスしやすく区画も南向きで、こちらの墓地をたいへん気に入っていただきました。
また弊社の墓石のパンフレットをご覧いただいて、こちらのデザインをお選びになりました。

 

工事途中の様子です。基礎工事をしっかりと行い、これからお墓を設置していきます。

 

周囲の巻石、納骨室内の石、霊標もすべて万成石で作成しました。前に倒してあるのは水鉢部分の石で、その奥が納骨室になっています。
アップの画像で見ると美しい淡紅の色味がわかります。

 

光の加減で色が濃く見えていますが、納骨室の壁の石も同じ万成石です。地面には淡路島でとれる天然の砂を敷いています。

 

霊標はお客様の指示をいただき、斜めに設置しています。延べ石にきちんとはめこむように台石を加工して設置しています。
この後、お客様のご希望の日にち(縁起の良い日)に線香台を墓石の正面に据えて完成しますので、この写真では線香台は霊標の奥でスタンバイしている状態です。
地面には砂利ではなく、納骨室内と同じ淡路島の天然の砂を敷いています。

 

完成したお墓をご覧になって、お客様からは「思った以上に石の色が綺麗で、最高に満足しています」とたいへん喜んでいただきました。巻石まですべて同じ石で揃えると必然的にご予算もかさみますが、たいへん美しい仕上がりのお墓になりました。
納得のいくお墓を作りたいというお客様のご希望に沿うことができて、嬉しく思います。この度はありがとうございました。